価格情報更新しました!

[TDKラムダ] ZWPシリーズ 駆動系負荷に最適な1000Wピーク出力対応AC-DC電源

この記事は約2分で読めます。

モーターなど駆動時に大電流が必要な負荷に対しては、そのピーク電流値で電源を選定しなければいけません。しかし、稼働中の電流値は小さくてすみますので常時大きな電源を使わざるを得ず、当然コストや形状に不利になります。ZWPシリーズは5秒以内1000Wのピークがとれる基板型AC/DC電源です。通常時は自然空冷で350W、外部ファンでの強制空冷で500Wの容量がとれますので3倍近くのピーク電流に対応可能です。またZWPシリーズは基板タイプでありローコスト要求にも対応しています。出力電圧は24V/30V/36V/48Vの4機種です。

特徴

  • 出力電力:自然空冷時 350W、強制空冷時 500W
  • 高効率 最大94%(230VAC入力時)
  • ピーク出力電力:800W(100VAC入力)、1000W(200VAC入力)
  • 補助電源(5V、0.3A)、リモートON/OFFコントロール機能を標準装備
    補助電源を活用してリモートON/OFF機能を使用可能。リモートON/OFFコントロール用の外部電源が不要!
  • ベースプレート構造により取り付けが容易
  • 広い動作温度範囲
    様々な環境での使用に最適
    自然空冷時:周囲温度+50℃、出力電力 350W
    強制空冷時:周囲温度+70℃、出力電力 500W
  • 安全規格
    IEC/UL/CSA/EN62368-1 各認定
    IEC/EN62477-1(過電圧カテゴリⅢ )認証

製品ラインナップ

 

 

 

 

過電圧カテゴリⅢ(OVCⅢ)認証電源のメリット

  • IEC/EN62477-1 過電圧カテゴリⅢ(OVCⅢ)認証電源
    IEC60204-1:機械安全国際規格を取得する機器に、OVCⅢ認証電源を使用した場合、電源前段の絶縁トランスを削除することが可能です
タイトルとURLをコピーしました