12/20価格情報更新しました!

故障したスイッチング電源を返却する前にやるべき事

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

スイッチング電源を修理に出そうとしている人

「ユーザーからクレームで装置が返却されてきた。
電源に入力したが装置が動かない。
ユーザーからは不具合の原因を聞かれている。
電源メーカーへ返却する前に何をすればいいのか知りたい。」

 

このような疑問に答えます。

この記事を書いている私は電源の不具合をいくつも経験しました。
一番困るのがその不具合が再現しないことです。
不具合が再現できてはじめて修理解析ができます。
また混入した異物が見つからないこともあります。

そういうことがないように記事を書いてます。

スポンサーリンク

電源メーカーへ故障連絡する前に

電源の故障は装置や生産ラインがストップするので本当に困りますね。
電源の寿命年数までもてばまだいいのですが、1〜2年で故障するとユーザーからは「不具合報告書」を要求されます。
不具合報告書は電源の解析結果が出ないと書けませんし、クレームで相手も怒っているので急ぎで対応する必要があります。

電源の出力LEDを確認

まずは装置の電源を入れ、装置に搭載されている電源の出力LEDを確認します。
LEDが点灯してると電源は出力していますし、消灯していると電源からは出力していません。

LEDが点灯している場合は電源は出力していますので、電源と負荷までの間で電圧ドロップや配線やネジ・コネクタの緩みがないかを確認します。
*この際には必ず電源をOFFしてから作業します。

不具合要因の切り分け

次に電源を入れ替えて装置を動かします。同じ機種がない場合は出力電圧が同じで容量が大きいものでもかまいません。
ここでは不具合原因が電源にあるのか装置にあるのかを切り分けます。

・装置が正常に動作すれば不具合原因は電源です。→電源単体で確認します。
・装置が動作しない場合、装置に問題があります。

 

電源単体で出力確認

電源に問題あるのがわかった場合は装置から電源を外します。
電源の外し方や入力する前に確認すべきことがあります。
これを間違うと故障原因が分からなくなり解決に時間がかかりますので慎重にします。

電源を外すときに気をつけることは!

電源を外すときは基板の部品面を上にして外しますスパークの場合基板上に異物が残っている可能性があるためです。

*カバーやシャーシ付き電源はカバーやシャーシは外さないで目視で確認します。

装置内部やファンなどにホコリが付着している場合は電源にもそのホコリが入り込んでいますので特に注意が必要です。

電源に入力する前に確認することは

外した電源基板の部品や基板パターン上に焦げやスパーク跡がないかを確認します。
もしスパークの痕跡や基板の焦げがある場合はそのまま何もせずメーカーへ返却します。
回路が故障している状態で入力するとさらに回路を破損させてしまうことがあるためです。

電源単体で出力確認をします。

基板上に焦げやスパーク跡がない場合は出力端子間(+Vと-V間)の電圧をテスターで測ります。
電圧は必ず電源の出力端子間で測ってください。
なお、定格電圧が出力されていればLEDは点灯します。

①定格電圧が出力されている
②電圧が低い(不安定)
③出力しない

①何らかの原因で一時的に保護機能が動作したと思われます。電源自体には問題がありません。
②出力電圧を低く設定しているか電解コンデンサの容量減少(寿命)によるものです。
③メーカーへ解析依頼します。

全メーカーのスイッチング電源を一括検索できます。

納期遅れによる代替え機種検索に!

タイトルとURLをコピーしました