価格情報を更新しました。

スイッチング電源の検索ガイド【検索の使い方とコツをわかりやすく解説】 

この記事は約4分で読めます。

スイッチング電源検索方法について知りたい人

仕様検索と機種検索ってどちらをすればいいのかな?
絞込み検索の各項目の意味がわからない。
検索結果の見方を知りたい。
それと機種名から同等機種を検索したい。」

こういった要望に答えます。

 

この記事を書いている私も各電源メーカーのカタログから使えそうな機種をリストアップしていました。
メーカーごとに仕様書やデータのスタイルがバラバラで比較するだけでもまる一日かかります。
最近はネットで見れるので便利にはなりましたが、やはり各社の仕様書・データは違うのでやってることは昔と大して変わりません。

それで全メーカーのスイッチング電源を一括で検索できて、仕様とデータもまとめて比較できるサイトがあればいいなと思っていました。


同じように考えている方は是非「電源ナビ」の検索機能をお使いください。

仕様検索はまず基本仕様のチェックから

基本仕様のチェックでやることは次の3つです。

1. 入力電圧系と出力数のチェック
2. 出力電圧と出力電流(出力電力)に記入
3. 場合により残りの基本仕様のチェック 

 

入力電圧系と出力数のチェック

まずは下記の入力電圧系と出力数にチェックします。

出力電圧と出力電流(出力電力)に記入

次に出力電圧にチェックします。

うす消しになっている出力電圧は「ない」ことを意味します。
ぴったりの電圧がない場合は近い電圧にチェックします。
電圧固定の電源もありますが、±10%程度は電圧可変できることが多いです。

出力電流は下記枠内に半角数字で記入します。

記入した電流値の「90〜130%」の電源を抽出します。
隣の「W」に出力電力(ワッテージ)が表示されます。

(AC/DC入力 単出力例)

中には出力電力を記入する場合もあります。

出力電力(W)=出力電圧(V)×出力電流(A)です。
半角数字で記入します。
記入した電力の「90〜130%」の電源を抽出します。

(ACDC入力 2出力・3出力以上例)

ここで「検索」ボタンをクリックしてみます。

すると画面下にオレンジの検索ヒット数が表示されます。

見方は簡単です。
「ヒット件数」は検索条件に合致した機種数、下記例では「493」機種です。
「総数」はACDC単出力の総機種数です。

場合により残りの基本仕様をチェック

基本仕様には残りの項目がありますがチェックしてもしなくてもOKです。

存在しないものは薄消しになっています。

下にスクロールすると「検索結果表」が表示されています。

⭐️はベストバイ機種です。
右へスクロールすると「負荷率」「電コン寿命」「標準価格」「最安値」「取扱店」があります。

さらに絞込みするには

さらに絞込みたい場合は絞込み検索をクリックすると項目が開きます。
希望の仕様にチェックしてください。

ソート機能を使って並び替えるコツ

検索結果表を並べ替えたい場合、「ソート順1」と「ソート順2」があります。
ソート順は2つありますので、2つの条件でもソートできます。

例えば、ソート順1に「電コン寿命(数値大順)」にチェックし、ソート順2に「最安値(数値小順)」にチェックした場合、電コン寿命が大きい順に並び電コン寿命が同じ機種同士は最安値が安い機種順に並びます。

最安値だけでなく、「電コン寿命」と「負荷率」も重要です。

機種検索で簡単に代替え機種がわかる!

検索には「機種名」から同等仕様の電源を検索できます。

電源の廃品やVAVEを目的に代替えや置き換えするには便利な検索機能です。
ただし、全くの同じ電源ではありませんので、仕様書を確認して装置とのマッチング試験は必要です。

検索の使い方はかんたんで、枠内に機種名を半角英数字で入力するだけです。
「-」や「/」も半角で入力してください。

該当機種がない場合「該当機種がありません。機種名を正確に入力してください。」と表示されます。

サジェスト機能があり機種名を入力途中で予想機種名が表示されますので該当機種名をクリックすることもできます。

記事は以上です。お読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました